禁煙が順調に進んでいることに、自ら驚き感激している管理人です。

禁煙に失敗したらこの実践記はまた、一日目から始まるのかな~と思いつつそれは嫌だなと妄想しつつ、禁煙開始10日目にして、恐怖の飲み会へ行ってきました。

飲み会と言えば、「一本だけ良いじゃない?」という吸魔のささやきが叫び声に聞こえてくるわけですが・・・・

 

結論から言うと、吸わずに帰ってこれました!!

現在もなお、禁煙継続中です!!

禁煙をはじめてから一日一日に新たな変化が出てきていて楽しいなと実感してきてるわけですが、この記事では、10日目にして遭遇した飲み会でタバコを吸わずに乗り切った方法をご紹介していきたいと思います。

飲み会で喫煙を回避する為の方法

飲み会、禁煙、方法

禁煙中の失敗や一番大変だった時は?という解答で多いのが「飲み会」の席ではないでしょうか。

喫煙している時でも、飲み会の席でのタバコって良いですよね。

そのたばこを果たして我慢できるのか??

飲み会の日の数日前からそわそわしていました。(正確には、禁煙はじめてから基本的にそわそわしているわけですが(^_^;))

禁煙の方法として、禁煙が落ち着くまでは、飲み会には出席しないというオススメもありますが、私的には、外せない飲み会ってあるじゃない?!それを禁煙を理由に行かないというのは少し腑に落ちないわけです。

禁煙セラピーのアレン・カーも、社交的な場には積極的に参加して、たばこがなくても楽しめるようにというようなことを書いていたと思います。

なので飲み会へ参加することは予め決めておき、その為の準備をすることにしました。

私が考えて用意したものは、「電子タバコ」です。

日に日に強くなる、「一本だけ」の誘惑に負けそうになるのを回避する為というのも、電子タバコを購入した大きな理由ではありますが、購入を急がせたのは、飲み会に間に合わせるというもの。

この準備のおかげで、飲み会の席でも吸わずにいられたということは大きいです!!

飲み会の席での吸魔の具体的回避方法

準備は大事とは言っても、飲み会の場ってやっぱり一本吸いたくなりますねっ!!

当たり前なのですが、その欲求が非常に強くなります!!しかも私が参加した飲み会は、なぜか、この時代において喫煙者の方が多い!というかほとんどが喫煙者という異様な飲みの席。

恐ろしいことに、吸っている人が羨ましくみえてしまい、なぜかかっこ良く見えるという始末^^;数日前まで普通に吸ってたわけですが、、、

またしても自分は病気だなぁと愕然としつつも吸いたいなぁと・・・。

禁煙全般における基本中の基本の「吸わない方法」は我慢です。

そうは言っても吸いたいので、もっと具体的な方法はと言うと、

同席している人の中で禁煙している人を探します。飲み会の人数にもよりますが、大抵いるはずです。そういう人と飲み会での禁煙の方法と難しさについて語り合います。

「禁煙したばっかり」とか「挑戦中」だと言うとみんな、気を使ってくれたりします。そして先に禁煙している人は辛さもわかっているし、それゆえ、先輩風を吹かせられるので、禁煙のコツを嬉しそうに話してくれるものです。

そうして、その飲み会の場で自分が吸えない状況をつくる、もしくは、一本だけの誘惑を止めてくれる応援者をつくる。

という方法が有効でした。

ちなみに、タバコを吸っている人もやめたいなぁ~と心のどこかで思ってたりしますから、禁煙している人は、羨ましいはずですので、下手に邪魔をするのではなく、応援してくれることの方が多いのでは?と思います。

そして、準備しておいた電子タバコですが、、、

どうしても吸いたくなったら電子タバコを取り出して吸おうと準備はしていたのですが、出さずに飲み会の場はやり過ごせました。実際に飲み会の場で出さなくても究極の場合に頼れるものがあるというのはやはり心強いです。

飲み会にて感じた禁煙の以外な喜び

飲み会で禁煙を死守できたというのは自分にとって大きな自信につながりました。

やめても楽しめるもんだなぁと思うし、たま~に電子タバコ吸っているだけでも十分満足できます。

まるで、昔の恋人を忘れていくように、タバコへの愛着は時間が解決してくれるのだろうと思えるようになってきました。

吸いたいことは吸いたいですけどね。また、ニコチン中毒の状態をつくって、一から禁煙するのは嫌すぎるとの思いが強くなってきました。

そして、飲み会の次の日に感じた、以外な喜びがありました。

それは、自分の服がタバコ臭くてイラッとした!!

というもの。

つい先日まで、嫁にタバコ臭い!!と言われてイラっとしていた自分が、飲み会の席で、ついたタバコの臭いにイラっとするとは。

なんとも新鮮な喜び

そして、今までは、タバコの臭いがついている服を着ていてもそれがタバコ臭くなっているとは気づかなかったわけです。

嗅覚が良くなってきたのか?単純にタバコの臭いから遠ざかっているから感じられるのかは不明ですが、今までは、タバコ臭い自分に気づかないでいたとわかると、ぞっとします。

自分がタバコを吸っていることで知らず知らずに不快な思いをさせていた人がいるんだろうなぁと。。。。

禁煙中の飲み会を克服したご褒美は、クリーンな自分に喜べたということ。

以外な喜びを得られた、禁煙10日目の実践記でした。